二の腕の脂肪吸引に失敗した時には修正手術が必要

吸引手術後の痛みとケア

手術後には、痛みがでます。
私の場合割と強い痛みで、通常痛み止めを飲むと改善されるようですが、薬が効かず3日ほど激痛に耐えていました。
通常なら、薬で痛みを抑えることができ、2〜3日後からは、筋肉痛のような痛み、1週間ほどでほとんどの痛みは引いていくようです。
私の場合は、1ヶ月ほど痛みが続き、家事や育児にも支障がでるほどでした。
また、人によっては、内出血がでるようですが、私はでませんでした。
ただ、術後手術した部分と、肘よりも下がむくんでしまいました。
これはマッサージをするとじょじょに解消されましたが、3週間ほどはむくんでいたと思います。
また、吸引した部分は、拘縮しますから、柔らかくするためにマッサージやストレッチが必要です。
できるだけ傷跡がめだたないようにしてほしかったので、事前のカウンセリングでもしっかりと確認しましたが、肘に傷ができます。
見る人が見ればわかるのでしょうが、一般的に肘の傷から二の腕の脂肪を吸引したとは思わないと思うので、肘の傷はそれほど気になりません。
これも、時間の経過とともに徐々に目立たなくなっていき、半年ほどで気にならなくなりました。

今人気のベイサー法で二の腕の脂肪を吸引♪未熟なドクターに任せるのはキケン吸引手術後の痛みとケア